座るのも辛くなる

痔は大変辛い病気です

痔は大変辛い病気です。そして、誰もがかかる可能性を持った病気なのです。また、痔は大きく分けて次の3つに分類することができます。まずは、切れ痔です。これは主に、便秘で便が硬くなることで起こりやすくなります。排便の時に、便が硬くなっているために肛門が裂けてしまうのです。次にイボ痔があります。これは、便秘でも下痢でも起こることがあります。要するに、トイレでいきみ過ぎることで、肛門周囲でうっ血が起こり静脈瘤となって肛門の外に飛び出してしまうのです。また、長時間座ったままの姿勢で仕事をする人に多く見られます。最後に痔瘻ですが、これは、長年の切れ痔等が悪化して、化膿巣を作った状態をさします。いずれの場合も、治療には適切な対策が必要です。

痔になってしまったら

痔になってしまったらどうしたら良いのでしょうか。初期の段階であれば、原因を取り除くことで良くなることがあります。例えば、ヨーグルト等を食べる習慣を付け便秘を解消したり、下痢を起こさないように、腹巻等をしてお腹を冷やさない対策を取ることも有効と言えるでしょう。でも、なかなか治らないようであれば、痔は肛門科を受診しましょう。肛門科で早めに治療すれば、手術を避けることも可能です。また、評判が良い肛門科は、インターネットで探すことができますから、利用してみることをおススメします。例えば、肛門科の口コミ情報サイトを利用すると話は早いでしょう。口コミ情報サイトには、たくさんの元患者から多くの感想等が送られてきますから、必ず参考になるはずです。